このエントリーをはてなブックマークに追加

バツイチの婚活は、どこで探すかが重要です

日本はロシアやアメリカなどの欧米と比較して離婚率は高くなかったのですが、最近は3組に1組は離婚していて、バツイチになる方の数は年々増えています。とくに20歳未満の女性の6割、20代前半の女性の4割が離婚しています。

また、離婚した後は独身を貫くという方もいらっしゃいますが、男性の7割、女性の6割が再婚をしています。再婚率も年を重ねるごとに高くなっていて、離婚してバツイチになった方が婚活をして再婚をするということはごく普通のことになってきています。

子供を持つ方の子持ち婚活や子連れ婚も珍しくありませんし、以前と比較しても再婚しやすい環境になっています。とはいえ、バツイチや子連れの方は、自然にまかせて出会いを待つというのでは、なかなか出会いがなく結婚に結びつきませんので、イベントや結婚相談所などを利用して積極的に婚活をしていくのが近道です。

とくに結婚相談所は、あらかじめバツイチであるという情報のもとにマッチングされますので、再婚でもOK、子連れでもOKという方同士が巡り合える確率が高いですし、普段の生活では接触のないタイプの方と出会えるチャンスも多くなります。

また、結婚相談所にエントリーする方は、本気で相手を探している方のみですので、お見合いパーティーなどのように冷やかしで参加する方を排除することができます。

結婚相談所を選ぶ際には、資料請求から始めるのがポイントです。資料請求は無料でできますし、資料もくわしくできていて、どんなタイプの方が登録しているかなど、大まかな雰囲気を掴むことができます。会社によってはお試しであなたにピッタリの相手をマッチングして紹介してくれる会社もあります。新聞や雑誌などに広告を出している大手の会社であれば安心して登録できますし、会員数も多いので相手のバリエーションも広がります。まずは、大手の会社を中心に資料請求することから始めるのが秘訣です。

このページの先頭へ